HOME>注目記事>グラフィックデザイン専門学校で学べること

グラフィックデザイン専門学校で学べる内容

最新のソフトウェアを操作する技術や知識、デザインの表現力を磨く、デザインアプローチの練り方などについて詳しく学べます。

グラフィックデザイン専門学校を卒業した後の主な就職先

広告代理店や広告制作会社

主に広告に掲載するデザインの仕事を請け負うことになります。

仕事の内容が多岐にわたるデザイン事務所

広告や出版、雑誌のレイアウト、パッケージデザインなど、仕事は多岐にわたります。

経験を積んでフリーランスで働く

広告代理店などで経験を積んだらフリーランスとして働くことも可能です

DTPオペレーターとして働く

画像やテキスト編集を行うソフトを使って書籍への文字を流し込んだり、雑誌の写真を調整したりします。

ゲーム会社でゲーム製作に携わる

ゲーム会社に就職するとゲームのインターフェイスなどを作る仕事を任せられます。

クリエイティブな仕事

ペンタブレット

様々なところで使うことがあるデザイン。中でもグラフィックデザインは人気が高いです。専門学校で知識や技術を習得することによって、希望に沿うものを作れるようになるでしょう。仕事にしたいのであれば学校に通ったほうがよいです。

学習の内容

ペンタブレット

グラフィックデザインを学ぶために専門学校に通いたいという人もいるでしょう。ただ技術や知識を習得するだけの学校ではなく、実際にどういうところに就職をしているのか、ということもチェックしておくとよいでしょう。そうすることによって、やりたいと考えているグラフィックデザインを行うことができるかもしれません。専用のソフトを使うにしてもその使い方を習得することができれば、より専門性の高い仕事ができるでしょう。

基本を習得する

ペンタブレット

中には独学でグラフィックデザインを習得する人もいるでしょう。しかし独学の場合には基礎を学ぶ機会がないので、基本的なことが分からないということがあります。専門学校で学ぶことにより、基本を学ぶことができます。土台がしっかりしているのであれば、新しい技術や知識も取り込みやすくなります。学校で基本的なことを習得することができれば、グラフィックデザインの仕事にも役立てることができるでしょう。基礎の習得もとても大切です。

広告募集中